東京都八王子市の東海大八王子病院で今年3月、心臓の手術を受けた60歳代の女性が、人工心肺装置に空気が混入し2日後に死亡していたことが22日、分かった。警視庁捜査1課は、業務上過失致死容疑で捜査している。

 同病院によると、女性は3月18日に動脈瘤(りゅう)の手術を受けた際、医師が人工心肺装置を稼働させたところ、血液を送り込むチューブに空気が混入していることに気付いた。医師は手術を中断したが、女性は同月20日に死亡した。同病院は、女性の死因と空気混入との因果関係は分からないとしている。

 同病院は、医療事故として東京都と警視庁に届け出たうえで、院内に事故調査委員会を設置。4月22日現在、人工心肺装置の使用と心臓外科手術を中止しているという。

 同病院は「人為的な機械の操作ミスか、機械自体の異常かはまだ分からない」としており、9月までに原因を究明する方針という。

【関連記事】
息子が母親と無理心中図る? 病院で親子死亡 東京・福生
万引容疑者、搬送先で死亡 逃走中に自分で胸刺す
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず
心神喪失で不起訴 京大病院に不審物の男 京都地検
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<鳥取不審死>田口さん殺害容疑の立件断念 捜査本部解散へ(毎日新聞)
阿久根市、元係長に給与支払わず…判決無視(読売新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)
世界禁煙デーに合わせ、5月末にシンポジウム―厚労省(医療介護CBニュース)
他人名義の偽造カードで買い回り ナイジェリア人3人逮捕(産経新聞)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-04-24 16:37
 自民党が今夏の参院選比例代表にプロ野球・巨人前監督の堀内恒夫氏(62)の擁立を検討していることが21日、分かった。同氏は巨人のV9時代にエースとして活躍し、通算203勝。04、05年には監督を務め、08年に野球殿堂入りした。

【関連ニュース】
趣味・スポーツ 『伝説のプロ野球選手に会いに行く【2】』=高橋安幸・著
堀内恒夫氏:自民 参院選比例で“巨人V9エース”擁立へ

子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ−次期首相候補(時事通信)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)
両陛下、多摩森林科学園へ(時事通信)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-04-21 22:46
 久喜市長(埼玉県)田中暄二氏(64)=無新=が無投票で初当選。

知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件−「自傷行為止めるため」−大阪市(時事通信)
ドイツ軍用拳銃350丁、税関スルー…誤配送(読売新聞)
<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)
人工林を「自然」に戻せ 生態系復元へ 市民団体が学会設立(産経新聞)
鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-04-20 00:12
 千葉県内の障害者支援施設で知的障害がある女性に暴行したとして、準強姦(ごうかん)の疑いで、同施設の元生活支援員、榊田悠人容疑者(23)=懲戒解雇=が逮捕、同罪で起訴されていたことが7日、県警への取材で分かった。

 県警によると、榊田被告は「性欲が抑えきれなかった」と罪を認めているという。

 県警によると、榊田被告は昨年1月下旬、施設内で、女性が重度の知的障害で抵抗できないことに乗じて暴行したとされる。

 女性は妊娠し、昨年8月に死産。病院から届け出を受けた県警がDNA鑑定して犯行が判明したという。

 同施設によると榊田被告は平成19年3月から今年2月まで勤務。入所者の身の回りの世話をする仕事をしており、勤務態度に問題はなかったという。

子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)
山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)
<大麻栽培容疑>54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡(毎日新聞)
民主党政権へ 自滅は御免こうむる(産経新聞)
自民幹事長代理に河野氏…刷新要求沈静化図る(読売新聞)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-04-13 00:57
 丸紅は5日、納豆菌を使って水質を浄化するコンクリートブロックを、汚れた河川や湖沼の水を有効利用しようという機運が高まっているアジアなど海外に本格的に売り込む方針を明らかにした。

 化学薬品など環境に負荷をかける物質を一切使わず、低コストで長期間にわたって水質を浄化できるのが特徴という。

 丸紅が世界各地の販売店網を通じて売り込みをかけるのは、九州の園芸業者「コヨウ」(福岡県)とベンチャー企業「ビッグバイオ」(熊本県)が開発した水質浄化機能を持つコンクリートブロック「エコバイオ・ブロック」。ブロックの中に、水質を浄化する作用を持つ納豆菌と、菌のエサとなる有機物を封入した。水の中に入れると納豆菌が増え続け、水中の有機物を分解するため、「効果が半永久的に続く上、敷設後の管理コストもほとんどかからない」(丸紅)のが特徴だ。すでに九州地方のほか、マレーシア、インドなどの湖沼などで実証実験中で、高い水質浄化効果を確認しているという。

 経済発展が著しい新興国では、工業化で河川や湖沼の水質汚染が深刻化しており、世界の水関連インフラ(社会資本)の整備市場は2025年には100兆円に達するといわれる。

<酒気帯び運転>中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り(毎日新聞)
<サル>ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
<阿久根市>市長要求で市職労の事務所移転(毎日新聞)
金券店に偽造収入印紙 詐欺未遂容疑などで男逮捕(産経新聞)
総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-04-08 01:12
 兵庫県明石市で死者11人を出した歩道橋事故で、県警明石署の榊和晄(かづあき)元副署長(63)=退職=が強制起訴されることに伴い、遺族7人が25日、検察官役を担う指定弁護士3人と神戸市内で面会、補充捜査を求める要望書を提出した。

 要望書で、事故現場の歩道橋などを映した明石署内のテレビモニター映像と無線の傍受状況の検証▽事故発生直前の110番通報記録の所在の捜査▽雑踏現場の状況や被害状況などについて、遺族からの事情聴取−−などを求めている。

 事故で次男智仁ちゃん(当時2歳)を失った下村誠治さん(51)=神戸市垂水区=は「時間がかかってもいいので、十分な証拠を集めて起訴してほしい」と期待を寄せ、指定弁護士で主任を務める安原浩弁護士は「改めて責任の重さを感じた」と話していた。

【関連ニュース】
明石歩道橋事故:元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決
明石歩道橋事故
兵庫・明石の歩道橋事故:遺族側と面会へ 今月中にも指定弁護士
明石の歩道橋事故:全面可視化へ環境整う 地検、機材貸し出し認める /兵庫

東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)
大阪府議会 橋下知事支持の22人が新会派(毎日新聞)
高橋が金メダル 母校・関大も熱狂、感涙(産経新聞)
日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-04-02 23:16