昨年の医療事故関係の届け出など152件−警察庁(医療介護CBニュース)

 警察庁のまとめによると、昨年の医療事故関係の告訴や相談を含む「届出等総計」は、前年から74件減って152件だった。このうち、昨年末までに捜査を遂げ、業務上過失致死傷等事件として検察庁に送致・送付したのは2件で、過去10年間で最も少なかった。

 「届出等総計」には、解剖の結果、死因が病死と判明するなど、医療行為と死因などとの因果関係が認められなかったものなども含まれている。

 「端緒」は、被害者、遺族、担当弁護士などからの届け出などが30件で、医師、看護師、事務長、院長などからの届け出や相談が116件。また、報道記事などから情報を入手したものが6件だった。
 届け出などを受けた年にかかわらず、一年間に立件送致・送付した数を示す「年別立件送致数」は、昨年は81件。


【関連記事】
医療版事故調の早期設立求め集会
監視や議論で「よりよい制度に」―産科補償制度でシンポ
昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構
刑事処分の「後追い」でない行政処分システムを−医療事故で日医
第三者機関による医療事故調、97%が「必要」−厚労省調査

普天間問題で日米が本格的な実務者協議をスタート(産経新聞)
「すき家」に果物ナイフ強盗、32万円奪う(読売新聞)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
平野官房長官、15日に鹿児島再訪(時事通信)
<京都夫婦殺害>失跡の娘巡り口論 容疑の娘婿逮捕(毎日新聞)
[PR]
by 2kzytbidrq | 2010-05-19 02:04